家族葬後の弔問客への対応

家族葬は葬儀をすることを少数の人にしか伝えないので、葬儀が行われたことを知らない人がたくさんいます。まだ亡くなった家族がいるものと思って電話して来たり、手紙を送ってくることもあります。そして、訃報を知って自宅に弔問に訪れる人もいるので、しっかりと対応しなくてはなりません。家の中を整理して掃除しておき、いつ弔問に来てもらっても良いように遺骨や遺影などを飾ってお線香の用意もしておきます。自宅にいる時は平服でも構いませんが、喪中の期間はカラフルな色彩を使った派手な服装は避けて、落ち着いた服装で対応するべきです。

家族葬を行った場合は自宅に多くの弔問客が訪れることが予想されるので、弔問客と故人の話をする場合に備えてお茶やお菓子などを用意しておいたり、香典を頂いた時のために香典返しの品なども揃えておく必要があります。食事時に弔問を受けた時は食事やお酒を振る舞うことも考えなくてはなりませんが、弔問したいという連絡を受けた時に食事の時間を避けてもらえば食事などを準備する必要もなくなります。

弔問客はありがたいものではありますが度々対応するとなると大変なので、負担を軽くするような工夫を取り入れることも大切です。