家族葬に呼ばなかった人への報告の仕方

家族や親しい友人だけで葬儀を執り行うのが家族葬の特徴です。そのため、知らせていなかった人には後で驚かれることもあります。なかには何故葬儀に呼んでくれなかったのかと言う人もいるので、後で問題が発生しないように家族葬に呼ばなかった人に手紙を送ることも検討するべきです。手紙の内容は、故人が亡くなったことや連絡が遅れたことを詫びるものです。現在はメールやSNSなども普及していますが、こうした大事なことを伝えるには手紙を使うのが一番です。葬儀には呼ばなかったものの、きちんと連絡しておけば無用な混乱を避けることができます。

事後報告の手紙を送るのは、連絡先の分かる友人、知人や仕事関係の人となります。手紙を送る時期にルールはありませんが、葬儀が終わって色々な手続きが済んで一区切り付いた時期が目安です。その時期であれば手紙を読んだ人からの連絡や自宅への弔問にも落ち着いて対応できます。

葬儀に呼ばなかった人に対しても、故人のために丁寧に対応しなくてはなりません。亡くなったのが年末に近い時期であれば、喪中はがきで報告することもできます。手紙を使えば葬儀に呼ばなくても、故人が亡くなったことを知らせることが可能です。