家族葬の流れ

家族や親族が亡くなり、家族葬を希望している場合は、式場に連絡して家族葬をしたい旨を伝えます。家族葬が広く普及して、式場で複数のプランが用意されているのが普通になり、さまざまなオプションもあるので故人や家族の希望に沿った内容を選ぶことが可能です。手際良く葬儀の内容を決めなくてはなりませんが、プランの内容を詳しく確認しておかなくてはなりません。具体的な葬儀の内容を式場のスタッフと相談して日程や時間を決めていき、火葬場や寺院などの手配を進めることになります。葬儀に来てもらう人を選ぶ時は、故人との関係をよく考えて決めなくてはなりません。

葬儀は決められたスケジュールに従って、納棺、通夜、告別式、火葬などが行われます。葬儀は少人数で行いますが、マナーなどは一般の葬儀と同じです。喪主や遺族は喪服を着て、葬儀に出ます。葬儀のマナーは宗教や宗派によって異なるので、事前に調べておいて正しい作法を理解しておく必要があります。

このように、家族葬の流れも一般的な葬儀と同じ内容になっています。葬儀は準備や役所関係の手続きなど、やらなくてはならないことがたくさんあるので、一つ一つしっかりと処理していく必要があります。