家族葬をする時に気を付けておきたいこと

家族葬を行う時は、小規模な式場を使うために葬儀に呼ぶ人数も限定されるので、誰を呼ぶかを慎重に考えなくてはなりません。家族葬の意味を考えれば、家族や親族に加えて本当に故人と親しかった人だけを葬儀に呼ぶべきですが、義理を欠くようにことをしては問題になる可能性があります。家族や親族では分からないこともあるので、誰を呼ぶかについては故人の交友や仕事などの関係に詳しい人の意見を聞いて参考にするべきです。何人かの人から事情を聞けば、誰を葬儀に呼んだ方が良いかの見当が付きます。

そして、葬儀に呼ぶ予定がないのに、式場に参列に来てしまう人がいそうな場合にも注意が必要です。故人のために葬儀に来てもらえることは遺族として感謝するべきですが、予定外の参列者が来てしまうと席が足りなくなってしまいますし、会食も用意していたものでは不足してしまいます。

そうした状況を避けるためには、会葬辞退の案内を出すのも有効な方法です。会葬辞退の案内は故人が亡くなったことと、葬儀は近親者だけで行うので参列するのを控えてもらいたい旨を書きます。このような会葬辞退の案内を出しておけば予定以上に参列者が増えてしまうのを防ぐことができます。